田舎介護士の綴り

仕事や趣味の事について書いていこうかと。

処遇改善加算は介護福祉士以外にも?

処遇改善加算のニュースが昨日出ていましたが、こんなニュースもありました。

 

headlines.joint-kaigo.com

中身を見ていくと

メインターゲットは勤続10年以上の介護福祉士。研鑽を重ねたベテランの収入を高くすることで、キャリアアップの道筋を分かりやすくしたり離職を防いだりする狙いがある。

 

とありますが、処遇改善に関しての分配は事業所に任されているので、必ずしも10年以上の介護福祉士に8万円が支給されるわけではないと思います。

 

さらに見ていくと少々気になるのが

「趣旨を損なわない程度で、事業所内の配分にあたり、事業所の判断でその他の職員の処遇改善にも充てられるように検討を進める」との意向を示した。既存の「処遇改善加算」が介護職員のみを対象としていることなどから、「別の加算で対応する」としている。

 

これ本当に別の加算でいけるんでしょうか?

正直僕自身制度であったりそういうことには疎いのでわからないけれども、それも財源は消費税から?

出せるの?と疑問が残るところはあります。

 

まぁ正直僕が来年で丸10年経つのできちんと支給されれば嬉しい話ではあります。

 

ただ、介護職員のモチベーションや離職を防ぐという意味も込めて個人的には10年以上ではなく

3年→3万円支給、5年以上→5万円

 

と全体的に渡るようにした方がいいかなぁと思ってます。